スタッフのおすすめSTAFF RECOMMEND

こ~んな感じで行かんか♡ 瀬戸内国際芸術祭をのんびりサイクリングで!

島の風景とアートを楽しむ、スローな一日。

小豆島は、有名なお醤油の産地。お醤油屋さが立ち並ぶ「醤(ひしお)の郷」エリアは、いつもほんのりお醤油の香りがただよいます。
今年は、このエリアには瀬戸内国際芸術祭の作品があちこちに展示されており、サイクリングしながら巡るのにぴったり。
島ならではのゆったりとした雰囲気を満喫するサイクリングで、瀬戸内国際芸術祭の作品鑑賞めぐりを楽しみましょう。





草壁港にはsd20「辿り着く向こう岸ーシャン・ヤンの航海企画展」sd21「石の島の石」の作品があります。sd20は、夏会期から長さ27m!の巨大な作品が追加され、見ごたえたっぷり!港から出発する前、もしくは少し早めに戻ってきて鑑賞するのがおすすめです。

島のあちこちにある、青い看板は、瀬戸内国際芸術祭の作品の案内看板です。これをたどりながら、のんびり巡りましょう。sd26「ジョルジュ・ギャラリー」の近くには、こんな小さなすてきパン屋さん(コッペパンサンドがおいしい、もりくにベーカリーさん)もあったりと、車では見落としがちなスポットにも気軽に立ち寄れます。


sd22 「つぎつぎきんつぎ」 安田 入場無料 9:30~17:00
sd25「オリーブのリーゼント」 馬木 入場無料 9:30~17:00
sd27 「ジョルジュ・ギャラリー」 馬木 鑑賞パスポート提示で¥300、もしくは¥500
sd20「辿り着く向こう岸」 草壁港 鑑賞パスポート もしくは¥300
この他にも、各所に作品展示があります


他のおすすめを見る

おススメのスポットをもっと見る

TOP